• ホーム
  • ヘルペスの治療薬にはどんなものがある?外用薬・内服薬を両方チェック

ヘルペスの治療薬にはどんなものがある?外用薬・内服薬を両方チェック

2020年01月08日
手のひらにあるオレンジのカプセル

くちびるの周りや性器に水ぶくれが発生するのが、ヘルペスの主な症状になります。細菌感染症と異なり単純ヘルペスウイルス感染を原因とするので、一般的な抗生物質は効果を発揮しません。患部の水ぶくれではウイルスが大量に増殖しており、周辺の神経組織にダメージを与えることで痛みや発赤などの症状の悪化を招くので抗ウイルス薬を有効成分に含んだ治療薬を投与するのが有効です。

免疫機能によって時間経過に従ってやがては治癒しますが、治療薬を活用することで治癒までの期間を短くし、辛く不快な症状を速やかに鎮静化させることが可能になります。そこで代表的なヘルペス治療薬の外用薬と内用薬を御紹介します。

現在において口唇にできたときも、性器にできたときも第一選択薬とされているのはバルトレックスになります。バルトレックスは有効成分にバラシクロロビルを配合しており、ウイルスが増殖の過程で必要になるDNAの複製を阻害し、ウイルスの増殖を抑制し患部の治癒を促進します。

バルトレックスを服用することで、自然治癒までは2-4週間程度必要なのが、1週間程度の短期間で症状を改善し病変部の治癒を早めます。再発した場合にも有効で、ピリピリする前兆症状が出た段階で服用を開始すると、短期間で症状が軽いうちに鎮静化することができます。

日本国内では処方箋が必要ですが、個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単に通販で入手が叶います。
バルトレックスは内服薬タイプのみですが、ゾビラックス注射薬や点眼薬・軟膏などの多彩なバリエーションがあるのが特徴です。ゾビラックスは人類がはじめて手にした抗ウイルス薬と言われており、いわゆる第一世代に属します。ただ有効成分のアシクロビルは消化器官からの体内移行性がやや劣るので、現在ではバルトレックスが第一選択薬になっています。

しかし角膜ヘルペスでは点眼薬が、重症例では静脈注射による抗ウイルス薬が必須なので、ゾビラックスは依然として有力な治療薬です。口唇ヘルペスに限っては処方箋を入手するまでもなく、市販薬で販売されている治療薬があります。有効成分にアシクロビルを配合したアクチビア軟膏や、有効成分にビタラビンを配合したアラセナSなどの外用薬が代表的です。ただしこれらの治療薬は過去に口唇ヘルペスとの診断を受けた方が、再発治療のために投与することが認められています。初回発症時は原因がヘルペスなのか不明なので、初回治療への利用は出来ないので注意が必要です。

関連記事
ヘルペスウイルスの感染経路は接触感染のみ!自分を守るための感染対策術

単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症は大きく分けると、三叉陰茎に潜伏している1型と、腰の神経節に生息している2型の2種類に大別することが出来ます。このうちHSV1型は幼少期に両親の唾液と接触を持つことで体内に移行していることが多く、青年期以降に発症するのは実は再発例であることが多く、症状もあまり重く ...

2020年01月27日
ヘルペスの主な症状は水ぶくれ・・・どのような部位で起こりうるの?

ヘルペスの主な症状は水ぶくれが発生することです。見た目は身体に出来るイボに似ている部分がありますが、痛みやかゆみを自覚することが際立って多い特徴があります。通常のウイルス性のイボでも薄い被膜に覆われて、内部に水分を含んでいる点で共通していますが、自覚症状を伴うのはヘルペス特有の症状と言えます。さらに ...

2019年12月20日
主な性感染症(STD)の種類と症状|ヘルペス・淋病・クラミジア

性感染症(STD)とは性行為を介在して感染範囲を拡大する感染症の総称です。一方が感染している限り、一回だけの性行為でもパートナーに感染する可能性があります。感染源は血液や精液・膣分泌液などですが、性行為をすることでこれらの感染源に粘膜が接触し非感染者の体内に移行します。性感染症(STD)の原因菌はウ ...

2019年12月05日
自宅で使える性感染症(STD)の検査キットは通販で買える?

性器に違和感を感じたら性感染症(STD)の可能性は常に念頭におく必要があります。しかし何分、性に関する話題はそれぞれの個人にあっては究極の個人情報とも呼ぶべき微妙な領域の問題で、相手が医師などの専門家であっても相談をすることに抵抗感を抱く方も少なくありません。診療科目は女性であれば婦人科やレディース ...

2019年11月23日