歯のブリッジは治療後の劣化が早い

白衣を着た男性

歯が抜けてなくなってしまった場合、失った歯のかわりを補ういくつかの方法があります。
比較的昔から行われている治療方法で、保険適用できるものがブリッジです。
入れ歯よりも短い治療期間で終わり、費用も保険適用できる分安価という点が長所です。
しかし、いいことばかりではありません。
見た目や物を噛むときの力のかかり具合など短所も多々あります。

ブリッジとは、抜けた歯の部分にダミーの歯を作ります。
ダミーの歯は埋め込んでつくるわけではないので、支えが必要です。
その支えは一般的には抜けた歯の前後の歯になります。
この支えになる歯のことを支台歯といいます。
支台歯に被せ物をし、被せ物とダミーの歯が鋳造物で一体化するように作り、それをはめる形がブリッジなのです。
鋳造物とは金属を溶かして作ったもののことで、イメージ的には銀歯を想像してもらうとよいでしょう。
前歯のブリッジは見た目の白いものも保険適用ですが、奥歯に関しては白いものは保険適用外です。
見た目の短所はこの点にあります。

次に強度に関してですが、それはブリッジの作製の工程と関係します。
支台歯に被せ物をするために歯を削ります。
支台歯が虫歯の治療あとのない健康な歯だった場合、ブリッジだけのために歯を削るのです。
一度削られた歯は何も加えない歯と比べると弱くなってしまいます。
削られたところから病気になってしまう可能性があるからです。
それが証拠に現代の歯の治療の基本的な考え方は、できるだけ歯を「抜かない、削らない」となっています。
仮に既に虫歯などで冠の治療を行っている場合、もともと治療済みで強くない歯を支えにするのですから、強度が弱くなることも頷けます。

強度に関して、もう1点付け加えると、ダミーの歯にかかる力の問題があります。
例えば、2歯が支台歯で1歯がダミーの場合、3本歯がきちんとそろっている人だったら、噛む力が3つに分散されるのに、ブリッジの場合は支台歯になる2歯に力がかかります。
3本分の力を2歯で支えるわけです。
しかもダミー部分はいわば宙ぶらりんですから力が均一にかからず、そこから徐々に破損につながり、劣化しやすいといえます。

失った歯のかわりを補う方法を欠損補綴といいますが、ブリッジ以外の方法と比べると、削らなくていい歯を削ることや強度の問題からその寿命は短いです。
保険適用で治療期間が短く安価だという長所だけに踊らされず、他の欠損補綴の方法のメリットとデメリットまで歯科医師に確認し、治療を選ぶべきです。