• ホーム
  • 淋病の特徴は炎症!治療しないまま放置すると合併症の恐れがある

淋病の特徴は炎症!治療しないまま放置すると合併症の恐れがある

2020年05月26日

日本ではかつては4大性病の一つで、症例数も多く男性が罹患する代表的な性病でした。日本国内ではかつての勢いに比べれば年間新規患者数は相当減少していますが、現時点においても年間8,000人前後で推移しています。世界に目を転じると淋病は現在においても依然として重要な性感染症と認識されており、年間新規患者数は1億人程度と推測されているのです。

クラミジアと合併感染することが多く、従来は同一の抗生物質で治療が実施されてきましたが、最近では従来から投与されてきた抗生物質に耐性を獲得する淋菌が増加しており、ほとんどの抗生物質が奏功しないスーパー淋菌の存在が公衆衛生上の脅威となりつつあるほどです。現在でも感染することも珍しくない淋病の特徴について、検討してみましょう。

淋病は原因となった性行為や性的接触行為のあと、3日から7日程度の潜伏期間を経て、尿道炎症状で症状が現れます。当初は尿道口付近の違和感を自覚する程度ですが、次第に排尿時に痛みや焼けるような排尿痛を自覚するように。時を同じくして尿道からは黄色い膿の排出も見られるようになります。排尿痛などの自覚症状は個人差があり、排尿の度に激痛がはしり排尿が困難なレベルから、ほとんど自覚症状のないレベルで推移することも。

もっとも症状が出現するのはほとんどが男性で、女性の場合は罹患しても無自覚無衆生のことが珍しくありません。このように男性と女性との間で顕著な違いが見られるのも特徴のひとつです。

しかし自覚症状が乏しいのは歓迎するべきことではなく、自覚症状がないだけ体内で感染範囲が拡大し不妊症などの合併症を併発するリスクは高くなります。症状が強く出る男性の場合は、発症当初は尿道口やその周辺ですが、やがて尿道の奥深くに侵入し、前立腺やさらにその奥の精巣上皮にまで感染範囲が拡大することも。

前立腺周辺には神経網があまり発達していないので、痛みが発生しても日により移動することもあります。精巣上皮は睾丸で生成した精子を前立腺に送る重要な役割を担っていますが、この部分にまで淋菌感染が波及すると、発熱や全身倦怠感のほかに睾丸や陰嚢周辺や足の付け根などに激痛が発生して歩行困難になることもあります。精巣上皮など睾丸周辺にも炎症が波及すると精子の運搬などに支障をきたし、男性不妊症の原因になることもあるわけです。

淋病はたとえ自覚症状が軽くても、合併症の形で症状が表面化することがあるのも特徴といえます。

関連記事
尖圭コンジローマの原因は?個人レベルで実践できる日常での対策

体中のどこにでもウイルス性のイボが発生することは珍しくありません。不用意にイボを潰してしまって他の部位に感染をひろげたり、つぶれたイボの内容液に接触することで第3者に伝染を拡大することまるほどです。同様に性器や肛門などの部位にもウイルス性のイボが発生しますが、他の部位に発生するものとは異なる経過をた ...

2020年04月18日
膣トリコモナス症の感染経路と症状|性交渉以外でも感染することもある!?

性感染症の原因となるのは多くの場合、細菌やウイルス・真菌などの病原性微生物が原因で発症します。しかしなかにはもう少し生物学的に発達した生物が原因に関与しているタイプがあります。それが膣トリコモナス症になります。原因となるのはトリコモナス原虫とよばれる原虫の一種で、肉眼的に確認することは出来ません。女 ...

2020年03月11日
ヘルペスの治療薬にはどんなものがある?外用薬・内服薬を両方チェック

くちびるの周りや性器に水ぶくれが発生するのが、ヘルペスの主な症状になります。細菌感染症と異なり単純ヘルペスウイルス感染を原因とするので、一般的な抗生物質は効果を発揮しません。患部の水ぶくれではウイルスが大量に増殖しており、周辺の神経組織にダメージを与えることで痛みや発赤などの症状の悪化を招くので抗ウ ...

2020年01月08日
口唇ヘルペスとニキビの見分け方!見極めて適切な治療を施しましょう

くちびるやその周辺にできものが発生したら、想定されるのが口唇ヘルペスかニキビのいずれかです。くちびるやその周辺に出来る特徴を持っている点で紛らわしいですが、それぞれの発症原因が異なり治療法も全く違います。適切なケアや治療を実践しないと、むしろ悪化する可能性も。そこで口唇ヘルペスとニキビのそれぞれの特 ...

2020年02月11日
ヘルペスウイルスの感染経路は接触感染のみ!自分を守るための感染対策術

単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症は大きく分けると、三叉陰茎に潜伏している1型と、腰の神経節に生息している2型の2種類に大別することが出来ます。このうちHSV1型は幼少期に両親の唾液と接触を持つことで体内に移行していることが多く、青年期以降に発症するのは実は再発例であることが多く、症状もあまり重く ...

2020年01月27日
ヘルペスの主な症状は水ぶくれ・・・どのような部位で起こりうるの?

ヘルペスの主な症状は水ぶくれが発生することです。見た目は身体に出来るイボに似ている部分がありますが、痛みやかゆみを自覚することが際立って多い特徴があります。通常のウイルス性のイボでも薄い被膜に覆われて、内部に水分を含んでいる点で共通していますが、自覚症状を伴うのはヘルペス特有の症状と言えます。さらに ...

2019年12月20日
主な性感染症(STD)の種類と症状|ヘルペス・淋病・クラミジア

性感染症(STD)とは性行為を介在して感染範囲を拡大する感染症の総称です。一方が感染している限り、一回だけの性行為でもパートナーに感染する可能性があります。感染源は血液や精液・膣分泌液などですが、性行為をすることでこれらの感染源に粘膜が接触し非感染者の体内に移行します。性感染症(STD)の原因菌はウ ...

2019年12月05日
自宅で使える性感染症(STD)の検査キットは通販で買える?

性器に違和感を感じたら性感染症(STD)の可能性は常に念頭におく必要があります。しかし何分、性に関する話題はそれぞれの個人にあっては究極の個人情報とも呼ぶべき微妙な領域の問題で、相手が医師などの専門家であっても相談をすることに抵抗感を抱く方も少なくありません。診療科目は女性であれば婦人科やレディース ...

2019年11月23日