虫歯予防は予防歯科で徹底的に!歯肉炎も予防!

歯科で歯磨き指導を受ける子供

歯科というと虫歯治療を連想する人が多いはずですが、最近では虫歯予防にも力を入れる歯科医院が増えています。
虫歯の場合は放置しておくと、全身の健康にまで悪影響を及ぼす可能性があるので、歯科医院で予防することは大きなプラスになると考えられます。
また、歯の病気としては、細菌の一種である歯垢によって歯肉に炎症を起こす歯肉炎や歯を支える骨を溶かしてしまう歯周病などもありますが、信頼できる予防歯科を利用すれば、これらもしっかりと予防できる可能性が高いと言えます。

予防歯科で重点を置いているのは、歯のクリーニングです。
普段の生活でも歯磨きは大切ですが、普通の歯磨きでは虫歯の原因になる歯垢や沈着物を十分に除去できない可能性が高いと言えます。
そこで、予防歯科で徹底的なクリーニングをしてもらうことが重要になってきます。

予防歯科のクリーニングでは、PMTCやスケーリングなどが行われています。
この2つは専門の器具をプロが使う形で行われるクリーニングで、これらによって歯の表面の汚れだけでなく、歯周ポケットの内側に付着している歯石や歯垢を取り除くことが可能になり、特に歯肉炎や歯周病の予防に大きな効果があると考えられます。

さらに予防歯科では、フッ素を直接歯に塗るという、フッ素塗布も行われています。
フッ素は体にとって大切な栄養素であると同時に、虫歯菌の働きを抑制したり、虫歯に強い歯質を作るなど、虫歯予防に効果的な働きを持っているので、これを使うことで虫歯予防にも非常に役立つはずです。

以上のように、予防歯科を利用すれば虫歯や歯肉炎の予防を行うことができますが、予防を徹底的なものにするためには、定期的に通って歯の状態をしっかりと調べてもらい、常に歯垢をしっかりと除去している状態にすることが大切です。
また、予防歯科の場合は歯科医院でのクリーニングだけでなく、自宅での歯磨きに関しても、口内ケアの方法を説明したり適切な歯ブラシを選ぶなど、虫歯予防に役立つ指導を受けることができます。

さらに乳幼児に関しては、親が仕上げの歯磨きをすることで子どもの虫歯予防にもつながることになり、その磨き方は大切と言えますが、予防歯科ではこのような磨き方の指導も行っています。
ですから、乳幼児のいる家庭の場合は、予防歯科での相談や受診を考えておくと良いでしょう。
このように予防歯科は歯の健康維持に役立つ診療科と言えるので、上手に利用することをお勧めします。