インプラントの構造

インプラントは3つの構造部分から構成されており、歯茎の骨の部分に固着させることになるフィクスチャーと呼ばれている部分とフィクスチャーに取り付けることになるアバットメント、その上に取り付けることとなる上部構造部分である義歯があります。
歯茎に埋め込まれるフィクスチャーはチタンやチタン合金などの素材で作られているものであり、直径や4ミリ程度の大きさです。
フィクスチャーと上部構造部分をつなぐアバットメントも同様にチタンやチタン合金で作られているものが多くなっています。
アバットメントについては、見た目もよいセラミック製のものなどもあります。

歯根となるフィクスチャーの形状にもいくつか種類があり、スクリュータイプとシリンダータイプが主流となっています。
スクリュータイプはねじ形状となっているので骨に刺激が伝わりやすくなっています。
歯根の形状によっては痛みを感じてしまうイメージがあるかもしれませんが、手術時にはきちんと麻酔を行うので、形状の違いによる痛みなどはほとんどないでしょう。

インプラントの種類も各メーカーがいろいろなものを出しており、歯根の形状や治療が1回法か2回法かによって違ってきます。
一生使うことになるインプラントはできるだけ丈夫で長持ちするものを選ぶようにすることが肝心です。
1回法と2回法では手間も変わってくるので通院しやすさなどの自分の都合に併せて選択するとよいでしょう。

インプラントの中でも人から見える部分である上部構造部分は通常白い素材のものを使用することが多くなっており、メタルボンドやオールセラミックのものやジルコニアのものなどがあります。
また、目立たない部分については、丈夫で費用が安くなる虫歯のかぶせモノのような金属製のものなどもあります。
セラミックは人との生体親和性が高く見た目も自然な歯に近くなります。
金属アレルギーがある人は金属の裏打ちがないオールセラミックのものを選択するとよいでしょう。
素材によって審美性が違ってくるので、使用する部位に応じて選ぶとよいでしょう。

健康保険被保険者証

インプラントは原則として健康保険適用外なので治療費用は高くなる傾向にあります。
治療を受ける歯医者によって使用しているインプラントの素材や手術方法が違っており、それぞれ費用が異なっているので事前にきちんと確認しておくとよいでしょう。
インプラント治療を受けた後は、それぞれの構造部分をしっかりとメンテナンスすることが重要です。
メンテナンス性も考慮した素材を選ぶのもよいでしょう。